暖房から換気に関する住環境改善機器をお届けし、皆様の快適生活を創造します。

ウインドーラジエーターやタオルウォーマーのソラリスライフワールド

  • 会員登録
  • マイページ
  • カートを見る
  • ウインドーラジエーター
  • タオルウォーマー
  • コンパクトフットヒーター
  • アメニア
  • サーモフレッシュ
  • 家具
  • インテリア生活雑貨
  • 食品・調理道具

お知らせ

アニメ「クレヨンしんちゃん」野原ヒロシの声でお馴染み 選者は藤原啓治さん。グランプリ作品はキャンペーンサイト、Facebook公式ページで読み上げます!
森永エンジニアリング 川柳コンテスト 第1弾
川柳テーマ「家族」家族の日常を切り取った『5・7・5』の川柳を大募集。あなたの家族の「思わず笑ってしまうような出来事」や「お父さんへのダメだし」、「ご両親への感謝の気持ち」、「哀愁のただようワンシーン」など家族の日常を川柳のリズムにのせた作品を公募します。
グランプリ 1名様 JCBギフトカード5万円分 準グランプリ 3名様 森永ウインドーラジエーター 森永エンジニアリング賞 10名様 森永コンパクトフットヒーター
審査員のご紹介
藤原啓治

声優 藤原啓治さん

●主な出演作品
[アニメ]
「クレヨンしんちゃん」野原ひろし
「交響詩篇エウレカセブン」ホランド・ノヴァク
「鋼の錬金術師」マース・ヒューズ
「はちみつとクローバー」花本修司
「HUNTER×HUNTER」レオリオ
[吹替]
「アイアンマン」シリーズ  トニー・スターク/ロバート・ダウニーJr
「シャーロックホームズ」シリーズ ロバート・ダウニーJr
「ダークナイト」 ジョーカー/ヒース・レジャー
「トランスポーター・ザ・シリーズ」クリス・ヴァンス
「LOST」ソーヤー
「ハンニバル」チルトン
「ザ・プラクティス」ボビー・ドネル
他多数
募集要項
応募方法
受賞者発表
受賞者の方を発表いたします!
グランプリ作品
ボケ防止 孫のドリルで 二重丸/海の幸さん
グランプリ発表!
動画
準グランプリ作品
おやつだよ! 機敏な動き 部屋きれい/ブルーベリーさん
息子より ハキハキ話す 詐欺電話/家近竜太郎さん
「美味しいね」 それはあなたが いるおかげ/佐藤結衣さん
森永エンジニアリング賞作品
  • 誰よりも 一番高い トリマー代/野口陽子さん
  • 誰彼と なつく番犬 頼りなし/くまどりさん
  • 両親の 孫への投資 親以上/金原芳樹さん
  • お手伝い うれしいけれど 高くつく/小久保敦子さん
  • 電話口 母と間違え 話す父/松本幸子さん
  • 古希すぎて 孫と会話は スカイプで/小林昭夫さん
  • 久しぶり 息子の電話 金欠か/小林昭夫さん
  • 王様は ベビーチェアから 命令し/後藤典子さん
  • 母の愛 感じる昼の にぎり飯/西林香菜さん
  • 歓声を 送る我が子の 代打待つ/有川和哉さん
  • 待て息子 今食べたのは カメムシだ!/小島永里子さん

選 考 風 景

笑ってしまうような川柳も

選考に悩まれている藤原さん

考えさせられる川柳が

選考に熱く議論を戦わせています

今回惜しくも賞を逃しましたが、最終選考まで残った作品をご紹介します。
我が母が 半額狙う スナイパー
/みどりがめさん
婆さんと 喧嘩をしても お茶は沸く
/最所優さん
帰省して 戻らないでと 思う夜
/佐藤文香さん
夕食で 聞くと安心 笑い声
/ごぼう丸さん
いつからか 将棋で孫は わざと負け
/松下弘美さん
覚えたて 片言ねだる クリスマス
/井上信子さん
花嫁の 父は泣かぬと 言って泣き
/本木和彦さん
年取って 似たくないとこ そろいけり
/古角典子さん
父になり 初めて気付く 親の愛
/堀内敬一さん
明るくも 暗くなるのも 母ひとつ
/小野沢通さん
ありがとう 育ててくれてと 伝えたい
/森愛和さん
パパよりも 一品多い 受験生
/石原英子さん
月末の 夕げは毎度 ありもので
/堀 宗一朗さん
最強の 栄養剤は 子の寝顔
/佐々木英一さん
読み聞かせ 感情入れすぎ 子を泣かす
/佐藤 拓郎さん
味はどう 微笑む妻の 目が恐い
/中川幸代さん
父言えぬ 「ごめん」はいつも 風呂そうじ
/あまたさん
さむいよる だんなのあしで だんをとる
/千代川佳子さん
シンデレラ 月日が経てば 鬼嫁に
/内田誠吾さん
茹であがる 前に湯船で 九九制覇
/西田洋明さん
ありがとう 支えてもらい 今がある
/阿部さん

総 評

川柳コンテストを終えて…

第1回川柳コンテストは1629名4,174作品とたくさんのご応募を頂きました。
ありがとうございました。
入賞された皆さま、おめでとうございます!

選者に『クレヨンしんちゃん』野原ひろし役でお馴染みの藤原啓治さんをお招きして選考会を行いました。
皆さまの熱い思いが込められた作品を前に藤原氏も選考に難航を極めていらっしゃいました。ユーモアあふれる作品に笑いを誘われながらも、真摯に選考してくださる姿が大変印象的でした。藤原氏による選考の様子はグランプリ作品の読み上げ動画内でも紹介しておりますのでぜひご覧ください。

なお、公平を期して作品のみで選考にあたりましたが、企業内評価が高い作品が11作品あったため、森永エンジニアリング賞は10名11作品を選ばせて頂きました。

第2回も開催を予定しております。皆さまからのたくさんのご応募をお待ちしております!