暖房から換気に関する住環境改善機器をお届けし、皆様の快適生活を創造します。

ウインドーラジエーターやタオルウォーマーのソラリスライフワールド

  • 会員登録
  • マイページ
  • カートを見る
  • ウインドーラジエーター
  • タオルウォーマー
  • コンパクトフットヒーター
  • アメニア
  • サーモフレッシュ
  • 家具
  • インテリア生活雑貨
  • 食品・調理道具

お知らせ

森永コンパクトフットヒーター「足もとから温めて、健康に。」

コンパクトフットヒーターQ&A

Q1.
ヒーター表面温度は何度まで上昇しますか?
Q2.
1時間あたりの電気代はいくらですか?
Q3.
消費電力が15Wと少ないですが、十分温まるのでしょうか?

Q1.ヒーター表面温度は何度まで上昇しますか?

A:周辺温度プラス20℃に設計されています。例えば、室温20℃(機器周辺温度)の場合は、表面温度はおよそ40℃まで上昇します。 仮に表面温度が55℃になると、サーモスタットが作動し、自動的に電源が切れます。

Q2.1時間あたりの電気代はいくらですか?

A:電気代の目安は次のとおりです。

1kwh=26円の場合
15W×1h=0.015wh
26円/kwh×0.015kwh=0.39円より

1時間
0.39円
1日(24時間)
9.36円
1ヶ月(30日)
280.8円

Q3.消費電力が15Wと少ないですが、十分温まるのでしょうか?

A:竹踏みヒーターは、足・足裏を直接暖める事、そして上に乗り足踏みすることで竹踏み効果を得る事を主な目的としています。また、熱伝導率が良いアルミ材を使用しているため、ヒーターから発生する熱を効率よく全体に伝える事ができるので、少ない電力でも十分機能を発揮します。但し、消費電力が少ないため速暖性は無いので、スイッチを入れたままでの使用をお勧めします。一日中スイッチを入れたままにしても消費電力が少ないので電気代が10円程度しか掛かりません。
他社の製品の場合は、机の下全体を暖めるコタツに近い使用方法なので消費電力が高くなります。その分、速暖性である程度広い範囲を暖める事は出来ますが、上手に使用しないと電気代が高くなります。(余分な所も暖める、長時間の使用や消し忘れなど)

ご使用中のご注意!

低温やけどを防止する為に皮膚の同じ場所を長時間ヒーター部にあてて使用しないでください。低温やけどは、体温より高い温度(40〜60℃)の発熱体を長時間(個人差があり、短時間でもなる場合があります)同じ場所にあてていると、紅斑、水ふくれ等の症状をおこすやけどのことです。

低温やけどを防ぐための注意点

  • 幼児、自分で温度調節(又、操作)のできない方、お年寄り、皮膚の弱い方、眠気を誘う薬(睡眠薬、かぜ薬等)を服用された方や深酒、身体の不自由な方等は特にご注意ください。
  • 糖尿病等で血行障害のある方は、熱さを感じにくいことがありますのでご注意ください。
  • 足をのせていて熱いと感じた時は、ヒーター部にタオル等を敷いて熱さをやわらげて使用してください。
  • くつ下をはいている場合は、毛足の長いくつ下、ナイロン素材のくつ下等では使用しないでください。
  • 足の裏に違和感を感じた時は、すぐに氷水等で冷やしてください。自覚症状をともなわないで低温やけどになる場合もありますのでご注意ください。
  • 肌に赤み、かゆみ、痛みなどややけどの症状がおきたときはすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。

枕、アンカ等の用途及びペットには使用しないでください。

コンパクトフットヒーター使用上の注意