暖房から換気に関する住環境改善機器をお届けし、皆様の快適生活を創造します。

ウインドーラジエーターやタオルウォーマーのソラリスライフワールド

  • 会員登録
  • マイページ
  • カートを見る
夏期休暇のお知らせ
  • 家具
  • 食品・調理道具
  • パネルヒーター部品

お知らせ

設置場所について

「おススメの設置場所」「設置前のチェックポイント」をまとめました。

おススメの設置場所 〜タオルウォーマーがあると便利な場所は洗面所や脱衣所、キッチン。トイレにも!

家の中でタオルをよく使う場所にタオルウォーマーが設置してあると便利です。洗面所、脱衣所への設置が特におすすめです。手や顔を洗った後に使うフェイスタオルやハンドタオルは皆が頻繁に使うため、いつも湿っているなんてご家庭も多いのではないでしょうか?タオルウォーマーを設置しておけば、乾いたタオルで気持ちよく手や顔、体を拭くことができるので快適です。
キッチンへの設置もおすすめです。台所に立つと、料理や皿洗いなどで濡れた手をタオルで拭く回数が多くなります。タオルウォーマーにタオルを何枚か掛けておくと常に乾いた清潔なタオルで拭くことができ、衛生面でも一役買ってくれます。
トイレにタオルウォーマーを設置されているご家庭もいらっしゃいます。来客の方にも心地よくタオルを使っていただけるのでおもてなしになると好評のようです。

天気が悪くても
安心

ちょっとした洗濯物ならかけておくだけで乾かせます。天気が悪い日や雨の続く時期も安心です。

お子さんのいる
ご家庭に

次の日使いたいお子さんのこまごまとした衣類も夜のうちに乾かせて、明くる日に持たせられます。

毎日が干したての
心地良さ

「やっと乾いたのに、もう使いきっちゃった。」なんて時でもタオルウォーマーで洗い立ての仕上がりです。

タオルラックで
さらに便利

かけることができないものは専用ラック(別売)に乗せることも。靴などは置いておくだけで乾かせます。

設置前のチェックポイント 〜設置する際には取付けスペース以外にも生活導線や収納扉の動作を妨げないか確認を。

設置する際に、事前に確認しておくべき注意点をまとめました。森永タオルウォーマーには壁掛けタイプと置き型タイプがありますので、ご自宅の取り付けたい場所にはどちらが適しているかも踏まえてチェックしてみてください。

壁掛けタイプ設置の注意点

壁掛けタイプの取り付けを検討するなら、事前にタオルウォーマーのサイズと設置したい壁面のスペースを確認してください。特に壁との距離は注意すべきポイントです。森永タオルウォーマー壁掛けタイプは、壁から90o離れた位置まで前に出た状態になります。取り付けたい場所の周囲に収納がある場合、扉の開閉を妨げないかチェックしてください。コンセントはブラケットの向きを変えることで左右どちらにも取り付けることができます。また、料理や手洗いの動線とコンセントの位置も考慮して、使いやすい場所に取り付けるとよいでしょう。ただし、水がかかってしまう心配がある場所には設置できませんのでご注意ください。新築やリフォームに合わせて取り付けるなら、設置場所があらかじめ決められるので検討されてみてはいかがでしょう。

置き型タイプの注意点

置き型は、壁掛けと違い固定ではないので、タオルウォーマーのサイズを確認し、置き場所を想定して設置していただければ問題ないでしょう。ただし、置き型はタオルウォーマーを支える脚部の奥行きが315oほどありますので足元の動線を邪魔しないかどうかも確認してください。

設置前のチェックポイント

□タオルウォーマーの実寸よりも設置したい場所のスペースに余裕がある(壁掛け)
□壁の強度は十分である(壁掛け)
□キッチンや洗面所の壁に設置の場合、備え付け収納扉が問題なく開閉できる(壁掛け)
□足元の動線を妨げないスペースが確保できる(置き型)
□水がかからない場所である(壁掛け、置き型共通)