ウインドーラジエーターの基本機能・仕様

窓の下に置いて長さを調整。あとはスイッチを入れるだけ

ウインドーラジエーターの基本性能

1.LEDインジケーター

LEDインジケーター

使用時には端部のLEDが点灯します。
ON/OFF状態が一目で分かるため、電源の切り忘れを防止します。

2.スライド式伸縮機構

スライド式伸縮機構

スライド式機構により、最小700mmから最大1900mmまで伸縮自在。
ご家庭のどんな窓にもピッタリと収まります。

3.炭素繊維ヒーター

炭素繊維ヒーター

ヒーターに炭素繊維ヒーターを採用。 温度ムラが出にくく過度な温度上昇がありません。安全設計のヒミツがここにあります。

4.1cmの吸気幅

1cmの吸気幅

床から1cm程度の吸気幅を設け、暖かい気流の上昇を促進させます。
また床との接触部分が狭いので、床を傷つけません。

5.L型プラグ

L型プラグ

L型プラグ採用により、コンセントからの抜き差しもラクチン。
差し込み後も邪魔にならず、壁にすっきりフィットします。

6.ON/OFFスイッチ

ON/OFFスイッチ

スイッチは本体から離して搭載。
手元の操作で、ON/OFF切り替えがラクラク。

営業日カレンダー

2022年12月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 発送休業日